英語研修+ボランティア

2015年スタート!EarthBeatがイチオシする新しいプログラム

短期の大学研修や留学に適したEarthBeatの新しいプログラムです。
まず、ブリスベンの有名大学付属の語学学校で英語を学び、その後、お好きなボランティア体験ができます。

語学研修は、次の QUTICTE-UQ からお選びください。
いずれも期間は、5週間以上となります。

1.クィーンズランド工科大学付属英語学校
Queensland University of Technology (QUT)

クィーンズランド工科大学付属英語学校

工学系の分野において、非常に人気の高い大学のの付属英会話学校。キャンパスはブリスベン市内のシティキャンパスとブリスベンシティからバスで10分ほどのKelvin Groveキャンパスの2校があります。
語学学校はKelvin Glove キャンバスにあり、世界50カ国からの学生が在籍している。英会話学校のセッションは5週間単位で開始日が決まっています。
入学時に英語レベルチェックがあり、各自のレベルにあった授業を受ける事ができます。大学内の施設は全て使用する事が出来、オーストラリアの大学生と一緒にキャンパスライフが経験できる大学です。

2.クィーンズランド大学付属英語学校
University of Queensland (ICTE-UQ)

クィーンズランド大学付属英語学校

1909年に設立されたクィーンズランド州で最も古い大学で世界大学ランキングでも常に高順位にランクしている大学です。キャンパスはブリスベン市内からバスで20分の緑に囲まれたSt. Luciaにあり、118ヘクタールの広大なキャンパスで、近代的な建物と古い歴史的な建物が共存しています。世界40カ国からの学生が在籍していて、1クラス12人から18人のレベル別の対話式授業です。英語学校のセッションは5週間以上、年間に9回の開始日が決まっています。入学時に英語レベルチェックがあります。


その後のボランティア体験は、下記から選んでいただきます。
いずれも期間は、1週間から参加できます。

紹介できるボランティアの内容は

小学校ボランティア

オーストラリアの学校は小学校6年生7年生を対象に第2外国語の教科があります。80年台は日本語ブームでしたので、殆どの学校は日本語を教えていたという事ですが、日本経済の低迷で需要が少なくなり、現在はオーストラリアの小学校の30%が日本語を教えています。
教師は日本人、オーストラリア人と様々ですが、授業に日本の漫画などを取入れ生徒の興味を引く様に工夫して授業をしています。
小学校の6、7年生(12才)ともなると日本語に興味を持つ子と持たない子が大きく別れます。興味の持たない子にも興味を持たせるのがボランティアの課題となります。
Earth Beatはブリスベンに8校ボランティアを受け入れて頂いている学校とおつきあいをしております。授業は週に3回の所と4回の所がありますので、毎日ボランテイァを経験したい人には託児所とのコンバインのボランティアをお勧めしています。
ボランティアはあくまで日本語教師のアシスタントですのでご自分で教壇に立って指導する事が出来ませんが、英語が出来る方には、ボランティア期間中に一回でも指導経験が出来る様に各先生にお願いをしています。
日本には日本独自の美しい文化や四季があります。日本の美しい文化をオーストラリアの子供たちに伝えてあげてください。
将来日本語の教師になりたい方、英語の教師になりたい方におすすめです。
ボランティアにはブルーカード(無犯罪証明書)が必要となります。
Earth Beatが取得手続きは致しますが、所得には約5週間かかります。

環境保護団体のAlanさんとHanさん

環境保護団体

Earth Beatの環境保護団体はブリスベン西部のThe Gapに地域にあります。
シティまではバスで30分、バスの本数も多く便利な所です。
この環境保護団体は山から植物の種を採集して、それを発芽させ育てて販売したり、植林をしたりしている団体です。
ここはNursery(植物を販売する所)も施設の一部にありますので、常に地元のお客さんが来て、人の出入りが多い所です。
仕事の内容は*種の種分けや洗浄*鉢植え*水やりなど簡単な仕事ですが、地元のボランティアがいつも5、6人ボランティアに来ていますので、お茶の時間を一緒にすごしたり、オーストラリアの植物について学んだりできる場所です。時々、オーストラリアの高校や養護施設からボランティアに来ている事もあります。施設のマネージャーや運営をしているオーストラリア人は植物の専門家ですので、オーストラリアのNative plant(オーストラリア特有の植物)に興味のある人に向いたボランティアです。
英語が出来ないうちは、他のボランティアが話している事を聞き取れなかったりする事もあると思いますが、皆さん優しく指導をしてくれますので、生きた英語を学ぶ事ができます。
仕事は週3、4回ですので、他のボランティアと一緒にされるのが良いかと思います。英語にまだ自信のない人、植物に興味のある方、小さな団体でアットフォームなボランティアを希望する人に向いていると思います。

障害者施設

オーストラリアにネットワークを持つNPOの障害者施設です。各地に子供や成人、お年寄りの障害者の方の施設を運営しています。
現在ボランティアを派遣している所は主に脳性麻痺の成人の患者さんが通っている施設です。オーストラリアも日本と同様、障害者の方々の毎日の過ごし方(学校などが足りない)が社会問題になっています。 こちらの施設は成人の脳性麻痺の患者さんを毎日受け入れて、患者さんたちにコンピューターや料理などを教え、意義のある毎日を過ごしてもらうのがコンセプトです。常にオーストラリアの介護免許保持者が面倒を見ていますが、日本人のボランティアには食事の介護、アクティビティーの付き添い、折り紙など手先を使う事の練習をしていただきます。
Earth Beatとは10年来のおつきあいのセンターです。今後もこのセンターが生き残れる様, 私たちも応援をしたいと思います。
写真のJulieさんがセンターマネージャーです.とても面倒見がよく、丁寧に指導してくれます。
現在日本で介護などの福祉のしごとについている方、オーストラリアの福祉の現場を見てみたい方、興味のある方に向いています。
大学生など今まで経験のない方でも、大歓迎です。
オーストラリア警察発行の無犯罪証明書が必要になります.Earth Beatが取得手続きを致しますが、取得までに4週間かかります。

老人ホームのボランティアでお世話をしてくれるFelicityさん

老人ホーム

Earth Beatの老人ホームボランティアはブリスベンの東部にある老人ホームです。ブリスベンシティから約20分で通勤できます。この老人ホームにおられるお年寄りは殆どの方が身寄りのない老人の方で、老人の方々の生活は団体からの寄付金や政府からの援助金で成り立っております。3つの区別されたゾーンで生活をして、健常なお年寄り、病気のお年寄り、アルツハイマーなどのお年寄りに別れていて、センターのスタッフやボランティアが面倒をみています。
ボランティアのお世話をしてくれるのはFelicityさんです。とても優しく、フェアーな人ですので、何でもボランティア中に心配事などがあれば、相談に乗ってくれます。Felicityさんはもとエステテックの関係の仕事をされていたそうですが、お母さんを亡くされたのを機に老人ホームのコーディネーターの仕事に転職されたそうです。
Felicityさんは日本からのボランティアに期待をしているのは、言葉は話せなくてもポジティブで老人の方が好きな人、明るい人に来てほしいそうです。
仕事の内容は毎日あるアクティビティーのお手伝いなどで、折り紙などを老人の方にどんどん教えてあげてくださいという事です。
ボランティア先にはEarth Beatのコーディネーターが初日にお連れして、老人ホームのスタッフを紹介し、注意事項の説明の通訳を致します。

子供障害者施設のボランティア

託児所ボランティア

オーストラリアの託児所には0才から4才までの乳幼児が預けられています。
共働きの家庭が多いですので、託児所の需要は非常に高いです。
日本からのボランティアの方には希望年齢のクラスに入って頂きますが、4歳児教室が英語も話しますし、ボランティアのやりがいがあるのではと思います。 オーストラリアの託児所は各自自由にやりたい事をやる自由時間が多いのが特徴です。全員が揃って歌を歌ったりする時間は少なく、自分のやりたい事をさせるのが個性尊重につながるそうです。
ボランティアの仕事は折り紙を教えたり、園内の公園で一緒に遊んだり、喧嘩の仲裁に入ったりと大変忙しいです。Earth Beatはブリスベン内に沢山の託児所ボランティアとおつきあいをしています。託児所も個性がありますので、なるべく英語が出来なくても配慮をしてもらう様にお願いはしてありますが、英語に自信のない人は日本人の先生のいる託児所に行って頂き、日本人の先生の下で英語がなれるまでボランティアをして、その後別のクラスを担当してもらう事も出来ます。
子供が好きな方、幼稚園の先生、クラフトつくりが好きな方におすすめです。
QLD州発行のブルーカード(無犯罪証明書)が必要となります。
Earth Beatが取得手続きを致しますが、取得には5週間程かかります。

動物園のボランティア

動物園

こちらのボランティアは、ブリスベンのFig tree pocketにある世界最大規模のコアラ園です。素朴な施設ですが、コアラの数は約130頭、その他カンガルーやウォンバット、タスマニアデビル、カカドゥーなどオーストラリアならではの動物が飼育されています。
ボランティアは世界各国から申し込みがありますので、なるべく早いお申し込み必要です。18才以上で日常会話に問題がないのが条件です.5日間から最長3ヶ月までボランティアをする事ができます。
仕事の内ようは、他のZoo Keeperと同様、檻の掃除、餌の入れ替えなど体力を使う事ばかりです。
夏場は気温が上がりますので、かなりハードになりますので、体力に自信のある人しか出来ないと思います。
また、英語力が足りない場合は、断られる事もありますので、英語力に自信のない方は、最初の1ヶ月は英会話学校に行かれる事をお勧め致します。朝のバスの運行時間に問題があるため、動物園周辺でのホームスティになります。

ホビーファーム(小動物園)

ホビーファーム(小動物園)

動物好きのファミリーが経営しているホビーファームです。
動物好き、子供好きな人に人気のボランティアです、
ラマ、羊、馬、牛、鶏、豚、ヤギやアルパカなど、なくさんの動物の世話やファームのメンテナンスが仕事です。
小学校の遠足で沢山の子供たちが訪れますので、子供たちが安全に動物とふれあえる用にする事や動物を車に乗せて、学校や幼稚園に出張し、子供たちに動物を見せたりする事も仕事です。 子供たちともふれあえるチャンスが沢山あります。
滞在はファームの中にあるキャラバンになりますが、オーナーのファミリーと一緒に生活ができますので、英語の勉強にもなります。
人見知りのしない人、動物好き、子供好きの人に向いているボランティアです。


●関西でのお問い合わせは

EarthBeat Education Consultant Japan
〒648-0006 和歌山県橋本市境原799
Tel: 0736-38-2898 Fax: 0736-38-2898 E-mail: info@ebecjp.com
ホームページ: http://www.ebecjp.com/

●関東でのお問い合わせは

Melbourne Education Centre
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-21-11 ベルテ代々木Ⅱ 302号
Tel: 03-6276-1962 Fax: 03-6276-1963 E-mail: info@mec-ryugaku.jp
ホームページ: http://mec-ryugaku.jp/

●オーストラリアでのお問い合わせは

EarthBeat(当社)
831 Fig tree pocket Rd. Fig tree pocket Queensland 4069 Australia
Tel/Fax: +61-7-3878-9897 E-mail: info@earthbeat.net.au
ホームページ: http://www.earthbeat.net.au